習志野市障がい者地域共生協議会 就労支援部会

習志野市内就労系事業所の意見交換会に参加してきました。

様々な事業所が抱える様々な悩みを交換し、市内の障がい者支援
サポート体制を充実させたいとの思いを共有できたと思います。

就労系の事業所においては、就職の実績数や業務の生産性
(工賃)など、デジタルな部分が評価としてクローズアップ
されてしまいます。
訓練費の大半は税金から捻出されているわけで、一人ひとりの
「どうありたいのか」「どう生きていきたいのか」との
意思決定を尊重するプロセスよりも、「いかに結果に結び付けるか」
が問われるのは仕方のない部分なのかもしれません。

就労移行支援においては、客観的なアセスメントと本人の意思に
乖離がある場合、本人の意思を尊重しつつ現実的な落とし所を
提案するのも我々スタッフの役目です。
ご利用者さまが社会復帰や社会適応に向けて成長している実感が
持てたとき、同時にこの仕事の楽しさを実感できます。

ご利用者さまも事業所も行政も、それぞれがそれぞれの立場で
都合があります。
ドライだけど、社会なんてそんなものかも。
難しいけど理想は高く持ちたいですし、誰もが幸せを感じられる
支援を目指していきたいですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

季節はずれの