レイアウト変更

所内のレイアウトを見直してみました。
ポイントは「相談スペース」と「作業机」です。

通常のPC訓練やグループワークでは支障ないものの、
ハンドクラフトや読書をするとき集中できる環境が
欲しいとは思っていました。
また相談室については、プライベートな話でも
周りを気にせず話せることを優先しているうちに、
だんだん閉そく感の強い空間になってきていた
反省もありました。

この2つの課題を一気に解決したのが、
相談室への丸テーブルの導入。
今まで相談室に設置していた大きな角机を
訓練室に出し、丸テーブルに変更して
圧迫感を緩和。そして大きな角机は
作業スペースとして有効に使えるように
なりました☆。

ちょっと手を入れるだけで劇的に変化するのに、
なかなか変わらないもの、ってありますよね。
身近なものであれば、応募書類もそのひとつかも
しれません。
伝えたいことを伝わるように作るのが
基本ですが、つい市販のフォーマット通りに
書かないといけないような雰囲気があります。

先日の就職活動セミナーの講師の先生も
仰っていましたが、例えば職務経歴にしたって
時系列で並べれば良いというものではなく、
結論を先に伝えるために順番を入れ替えるのも
ひとつの方法です。

人間ですから、みんな主観的な視点が第一です。
慣れてしまうと、自分のやりやすいように
ルールが固定化することは自然なことだと思います。

ですが、同じことに対して客観的な視点が加わると、
合理的な答えが導き出されることも多々あります。
固定化されたルールを変更するのはエネルギーの
いることですし、腰が重くなるのは当然だと思います。

今回のレイアウト変更も、八千代事業所をメインに
活動するスタッフの発案だったりします。
慣れてしまうと固着化する発想を柔軟にするヒント。
いろんな人と話をしたり、普段行かないところに
お出かけしたり、今まで興味を持たなかったジャンルの
本を読んだり・・・・。
ご利用者さまにとっては、スマイルハートの提供する
講座もそのひとつ。
発想を柔軟にするヒントも見つかると思いますよ♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

軽(?)運動