電話

電話に出る機会、昔より減ってる感じがします。
携帯電話ならば電話帳登録している番号からなら
誰がかけてきたかすぐにわかりますし、
固定電話でもナンバーディスプレイがあたり前に
なってきました。
その場で出られなくても留守番電話もありますし、
相手が誰だかわからない状態で電話受けする
ことは確実に減ってきていると思います。
個人の判断でその電話を受けるかどうかを
判断する材料が増えているんですね。
「電話はちょっと苦手」っていう背景には、
このような社会的な流れも無関係ではありません。

では、会社ではどうでしょうか。
ビジネスフォンも登録されている番号からならば
出る前に相手が誰だかわかりますが、
そうでない時は相手はわかりません。
近年は携帯電話の普及で、ひとつの会社であっても
複数の回線を併用するため、その登録番号さえも
あてにならない場合もあります。

個人と決定的に違うのは、普通の会社であれば
「受話器を取らない」という選択肢がないこと。
相手が誰だかわからないドキドキ感の中で
受話器を取るのは、慣れないうちは抵抗を
感じるのは当然です。
何でもそうですが、場馴れしてないと咄嗟に
対応できないなんてこと、良くあります。
避難訓練だって、頭でわかっていることを
行動に移すために行うものです。

スマイルハートにいるうちならば、
どんなに失敗しても構いません。
むしろ、訓練中の失敗は大歓迎です。
失敗することによって、どこを改善すれば良いか
自己認識することは多々あります。

すべてにおいて完璧なパーフェクトヒューマンは
架空の存在。一度にすべて理解して、
且つ行動に移せる人は、まずいません。
カメさんの歩みで日々進歩していくのを目標に、
訓練を進めていっていただければ幸いです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です